社長のあいさつ

トップページ > イプセンについて > 社長のあいさつ

心からの温かいサービスを提供し続ける
会社であり続けたい

コミュニティサロン「人形の家」、株式会社イプセンの前身である株式会社コスメティックス イプセンの1号店の名称です。
コミュニティとは「同士の集団、地域社会、共同体」などと訳されますが、私たちイプセンが創業以来大切にしているのはコミュニティ、つまり人と人との繋がりです。

社会が物質的に豊かになり「モノ消費からコト消費」と言われる現代、モノ自体の価値はもちろんのこと、経験、感情、想いなど心を満たすことが求められています。
現に私たちが提供する美しい肌作りにおいて、お肌は①環境②内臓③精神の三面を映しだすと言われ、ストレスやホルモンバランス、身体の好不調がお肌に表れるように、どんなに高機能な化粧品であっても、お手入れのみで美肌を作ることはできません。

私たちイプセンがご提供するのは商品などの「モノ」や施術という「手技」だけではなく、これらを通して「癒し」や「楽しみ」、キレイになる「ワクワク感」、健康の源である「元気」等、いつまでも明るく楽しく、美しく健康で生き生きとお過ごし頂ける「コミュニティ」です。

最高の「美」を提供するため、最良の商品の開発・提供、最適な技術・サービスの提供はもちろん、「心」も満たされる場を提供できるよう日々努力して参ります。