イプセン加盟店についての説明

トップページ > イプセン加盟店についての説明

イプセン加盟店の種類(Behouse・代理店)

イプセンには大きく分けてイプセン専門の店舗であるフランチャイズ店(Behouse)と、イプセン以外の商品・サービスを取り扱う店舗や自宅型サロンの代理店があります。
Behouse・代理店の共通点として、店舗スタッフはイプセンのビューティーアドバイザーとしての資格を保有しており、知識・技術のみならず、美容のプロとしてのサービスを提供しています。

■Behouseについて

BeHouseはイプセンのフェイシャルケアショップにのみ使われる呼称で、フランチャイズ店と本部直営店があります。
企業理念に基づき、美顔や化粧品だけの提供ではなく、私たちの“美”に対する姿勢や、お客様に対する“想い”を多くの皆様に普及をしていくための店舗です。
提供する商品・サービス等は全て統一されています。

■代理店について

イプセン以外の商品・サービスを取り扱うことがある店舗です。
店舗名に共通点はありませんが、イプセン化粧品の取り扱い店であることを掲示しています。
化粧品販売店をはじめ、美容室・ネイルサロン・ブティック・リゾートホテルなどでの運営実績があります。
また、代理店には自宅型サロンも含まれます。店舗としての外観は伴いませんが、自宅の一室などでフェイシャルエステなどのサービスを提供しています。

イプセン加盟店が生まれた背景

イプセンは女性の自立を応援する会社です。その対象はご来店くださるお客様に限りません。
自ら“美”を提供するビューティーアドバイザーとして自立し、輝いた人生を送ることも応援したいと思っています。
女性の働き方が多様化する現在、家庭や子育てとの両立・ご自身の自由な働き方を選択できることも“女性の自立”であるという思いから、様々な形態でのイプセン加盟店が生まれました。